オリックス銀行カードローン

当サイトはオリックス銀行カードローン情報をはじめ、賢くキャッシングするための情報を集めております。

ゆうちょ銀行でお金を借りたい時に

ゆうちょ銀行では、定額貯金を利用中ならばそれを担保として貯金を解約することなくお金を借りることができます。まとまったお金が必要な時に、貯金を解約することには不安があるものです。できれば解約せずにお金を準備したいという場合にゆうちょなら安心して利用できるでしょう。

さらに総合口座を利用している場合も定額貯金を担保として自動貸し付けによって借り入れと返済ができるのです。

財産形成貯金担保貸付では、財形定額貯金や財形年金定額貯金あるいは財形住宅定額貯金を担保に、最長2年の借り入れができます。所定の金額があります。

また、総合口座で管理している定額貯金や定期貯金も担保として自動的に借り入れを利用することができるようになっています。貯金の残高を超えた払い戻しの請求に対して、自動的に支払うことで貸付となるものです。返済は口座に預け入れるだけですから、とても簡単ですね。

さらに国債等担保自動貸し付けも利用できます。こちらも総合口座の定額貯金などを担保とする場合と同じく、残高不足に自動的に貸付が行われるのです。お金の預け入れが返済として扱われるのも同様です。

他にもゆうちょ銀行ではスルガ銀行のローンを代理業者として媒介しているため、ゆうちょ経由で利用することもできるのです。スルガ銀行の住宅ローンなど利用しやすいと定評がある金融商品への申し込みが可能になっています。

お金は貯めるだけではなく、上手に借りることもこれからは増々求められるものとなるでしょう。身近な金融機関であるゆうちょ銀行なら、マネープランのアシスタントとして最適な選択となるはずです。その他の消費者金融などで借入を検討する時は、お金借りる方法などの口コミを参考に選んでみましょう。

Posted: 7月 1st, 2014 under ローン - No Comments.

消費者金融のキャッシングと比較すると銀行カードローンの特徴が見えてくる

あまりに差がある各銀行のカードローン、比較するには難しすぎることもあります。
消費者金融のキャッシングと比べてみればその特徴が見えてくることがあります。

それでは消費者金融と比較してみましょう。
消費者金融の金利は上限が18.0%となっており、自分の借り入れる金額に対してどの金利が適用されるのかは利用前にはわかりません。
さらに利用をしていてもその後金利に変動があるかないか、それも知ることはできませんし予測を立てることすら難しくなっています。
銀行の金利は融資限度額もしくは利用限度額と呼ばれることもありますがその限度額によってはっきりと決められていることが一般的です。
新生銀行カードローンのレイクでは融資限度額が200万円以下の時には適用される金利は基準残高によって決まるという特殊な金利形態になっていますがそれは稀なことです。
金利が明確になることによって返済計画は立てやすくなりますし、何よりも申し込みをするときの安心感があります。

金利ひとつとってもこのような違いがあります。
それが返済方法や返済方式、手数料などと考えてみるときりがないほどに違いが出てきます。
返済に関わる総額に違いが出てきます。
だからこそ銀行という金融会社のその特徴はしっかりと見定めておく必要があります。
さらには各銀行によって仕組みはまったくと言っていいほどに異なってきますのでその比較ともなれば銀行を利用したいとき比較するべき項目は非常に多いこととなるでしょう。

Posted: 5月 30th, 2014 under 消費者金融 - No Comments.