国産のシストレを考える

FXで人気になっている自動売買プログラムを利用した自動システムトレード、通称シストレですが、このシストレを行える取引システムツールソフトは、ロシアのメタクウォーツ社が開発したMT4や、イスラエルのトレーデンシー社が作り上げたミラートレーダーだけではありません。

国内の業者が独自に開発をし、その提供を行っているシストレも存在し、海外勢に席巻されている現状からその実力が見落とされがちですが、国内で開発されているという事で、実に日本人に特化をされた戦略ロジックが使用され、またその安全性なども十分に考慮されたものとなっています。

これらのシストレを提供している取引業者は数社がありますが、その内容はミラートレーダーよりも基本的にはシンプルで、戦略の選択もわかりやすく、またその使用方法も入り込みやすなっているために、人気があるのが現状のようです。

ミラートレーダーはその豊富なストラテジーの数が魅力であり、またMT4はきめ細かく独自でプログラミングができることが特徴でしたが、何よりも実戦で必要とされることは、その使い勝手の良さと、どれだけ小回りが利くか、という事であり、戦略がたくさんあっても実際に使われるものはそのうちから限定されたものでしょうし、きめ細かく設定ができたとしても、その設定を変更ができるだけの知識と経験と時間がなくては、ないも同然という事も、あるいはできることになります。

こうしたことにより、国産シストレはこのような部分に実に配慮が入っており、不要なものを取り除き、必要なものをより特化させて残すという方法で、顧客である投資家からも人気を集めているのです。

このように、様々に特化していく国内のシストレ事情は、シストレを飛び出しつつ、さらに高次に展開するようにして、さらにその枠を広げていこうとしています。

そんな中で、最近急速に人気を伸ばそうとしているのが、ループイフダインのような、仕組み売買と呼ばれる自動取引の仕組みです。

これらは一部ではアルゴリズムを利用しているものもある物の、本来のシステムトレードである、あらかじめに取引きルールを設定し、売値や買値のを定めそれに則って投資を行っていく、いう範疇からは外れており、一定の戦略を選択して、その売買戦略に基づいて取引きを行っていく現在のシストレとは大きくかけ離れていると言えます

仕組み売買は、どちらかと言えばそのままの通りにイフダン注文、IFO注文、OCO注文といった組み合わせ注文の発展形であり、このシンプルの極みともいえる自動取引きが人気を集め始めているという事は、ある意味では、ミラートレーダーなどにみられるような、複雑化しすぎてしまったストラテジーとそれに対する相場選択の煩雑さに向けての、一種のアンチテーゼともいえるかもしれません。

また、こうした中でより高次なシストレを提案しているところもあり、ストラテジーそのものを投資家の選択のみで設定し、作りこむことができるサービスを展開する業者も出始めてきています。

このシストレでは、売買戦略を自らの選択の組み合わせでカスタムメイドすることができるために簡単に好みの戦略を作ることができ、また、その戦略に凝ることも可能で、細微にわたってパラメータ設定を行うことで、より売買性能の高い戦略を仕上げることも可能になっています。

これにより、ストラテジーとして与えられるだけで、その戦略の中身までは知り得なかった部分についても、自らで組み上げることができますし、自身でプログラムを作りこむような難しさはないために、安心してその内容を作りこんでいくことができるのです。

このような状況から考えると、日本国内のシストレや、仕組み売買といった、自動取引きに関する部分は、実に投資家の立場に沿って考え込まれたものが多く、そのどれもが高い平均点でまとまっていると言えると思います。

こうしたことをより体感する上では、はやり複数のシストレなどを使い比べ、そのうえで自身が納得する物を選択していくのが、資金を運用して増やしていく事を目的としている投資取引としては、必要なことではないでしょうか。